the game of life

the game of life

帰ってきた。

とりあえずのふり出しに。

 

マスとマスとの間をケンケン飛びするかのように、

時計をすすめることも、

戻すこともなく。

 

1日をどこかで失うことや、

【すべて没収】という不運や理不尽に襲われることもなく。

 

またふり出しに戻ってくることができた。

 

そして、

大学4年のインカレの翌日から、

アメリカでスタートさせたプロキャリアは13年目を迎えた。

 

気づけば人生というゲームの3分の1以上を占めていた…

 

 

あけましておめでとうございます。

 

この言葉を使っていいものなのか。

もしかすると慶びを控えるべき立場にあるのかもしれないけれど、

素直に慶びたいと思う。

 

新年というある種のふりだしに、

今年も戻ることのできたことを。

 

 

プロ13年目。

干支でいったら2周目突入。

さて、中川和之というコマは今どの辺りにいるのだろうか。

 

次の目が再び【降り出しへ戻る】かもしれないし、

ひょっとすると【上がり】かもしれない。

いや、曲がり角の先には、

想像すらしなかった数のマスがまだまだ続いているかもしれない。

 

何にせよ。

今年はちっぽけなことをくよくよと考えることはないだろう。

考えることに費やす時間だけは人生で一番持つことができたから。

 

2017年。

新年の抱負はズバリ、

 

『バスケットボール人生の第2章をスタートさせる』

 

決して運任せにサイコロを振るような真似はしない。

1日たりともムダにすることなく、

自分の“脚”で1マス1マス。