KAZ PERFECT SKILL(超実戦ドリブルワークアウト編)

KAZ PERFECT SKILL(超実戦ドリブルワークアウト編)


日米通算13年!
世界に挑んだプロバスケットボーラーが届ける
ドリブル強化法の決定版!

全国で成果続出!!
あなたのドリブルが必ず上手くなる!

ドリブルキープ力、1on1、プレーメイク、メンタリティ!
全てを引き上げる渾身のドリブル強化プログラムの全容をあなたに余すことなくお届けします。

『KAZ PERFECT SKILL
  (超実戦ドリブルワークアウト編)』

”コートをDominate(支配)する!”
”スキルで夢をたぐり寄せる!”

渾身のドリブル強化法を満を持してここに完全公開!


その答えを、全てここに詰め込みました!

単にドリブルが上手くなるだけではありません。

あなたが自分のプレーに自信を持ち、
勇気をもってチャレンジでき、
スコアし、勝利し、自分を誇れるようになる!

そんな、選手としての
自信と希望、勇気をお届けできればと思います。

このドリブルスキルを使って
ぜひバスケを好きになってください!
自分はもっと成長出来るんだと自信を強めてください。

あなたが自分を信じ、
未来を切り拓くための最高のアイテムをお届けします。

私が高校2年、
ドリブルで人生を変えることが
出来たように・・・

あなたのバスケット人生を
変えるきっかけになればと思います。

この動画教材は・・

☑ドリブルに自信がない
☑ボールがうまく手につかない

☑いつも相手にプレッシャーをかけられてしまう

☑スキル不足で1on1を仕掛けていけない・・・
ドリブルの自主練方法が分からない
☑NBA選手やプロがどんな練習をしているのか真実が知りたい
☑自信をもって自分のプレーをコートで発揮したい!

そんなあなたにとって真正面からの解決策です!

「自分が求めていたのは、まさにこれ!」

そう思ってもらえる渾身のコンテンツとなっています。



小・中学生の頃、
僕にはハンドリングという概念がありませんでした。

ドリブルなんて、
右に動くか、左に動くか、コースに入って来たらロールターンか、
それぐらいのスキルのみ・・

思いきり困っていたのです。
自分のドリブルの下手さと、技の少なさに。

「点を取りたい!」
「ドリブルでかわしたい」
「きれいに相手を出し抜きたい!」

だけれど・・

必要なスキルが分からない。
練習の仕方が分からない。
だから一向に問題が解決しない・・・


まさに、頭打ち。

ドリブルで相手を抜こうにも
いつもDFFにコースに入られ、
力づくのポストプレーでしか
点を取りにいくことが出来なかったのです。

まもなく、私のバスケットは通用しなくなります。

「このままじゃマズイ・・。」

プレーヤーとしての限界を感じるようになりました。

どうすればドリブルが上手くなるんだ!?

1on1を仕掛けたい・・
だけどDFFをかわすスキルがない。
ドリブルのスキルが明らかに足りていない。

….いくら考えてもその答えは見つかりません。

自分なりに考えドリブル練習してみるも、
NBAやプロ選手のようなドリブル技術は
一向に身につくことはなく、、

「自分には才能がないのか・・」
「一部の人間のモノなのか・・」
「もう諦めるべきか・・」

打ちひしがれていたその時に、バスケットの神様が微笑んでくれました。
高2の夏、ハンドリングのスーパースターに奇跡的にお会いすることが出来たのです!ほんとに奇跡でした。

 jjjj

この方をご存知でしょうか?
NBAの稀代のハンドラー、
ジェイソン・ウィリアムス!
私はこの伝説のプレーヤーから直々にボールハンドリングを教わった、
数少ない日本人プレーヤーの一人です。

初めて彼のスキルを目にしたときは、
隕石が落下し、大爆発したぐらいの衝撃でした!(笑)

「自分が求めていたものは、まさにこれだっ!!」

私のバスケット人生を変える、巨大なビッグバンがそこで起こったのです。

教えてもらったメニューに毎日必死に取り組みました。

やり込み過ぎて・・
爪が割れ、指から血が出ることも。
まさに血のにじむ努力をしました。

そこから私のドリブルスキルは劇的に向上します!

J-WIllから教わったハンドリングドリル!
これで私のバスケットの夢が拓けることとなったのです。

世界ナンバーワンハンドラー直伝ドリルで、
ドリブルスキルが飛躍的に向上!

もはや自分の手じゃないんじゃないかぐらい!
目をつむっていても、意のままにドリブルが突けるのです。
ドリブル1on1のバリエーションもかなり増えました。

「これならイケる!!」

武器を手に入れたことで、得点力もみるみる向上!

高校2年まで、ドリブルが大の苦手だった私が、
なんとドリブル1on1を武器にインターハイ得点王!
大学でも勢いそのままに最優秀選手(MVP)!

”ドリブル”という武器がなければ間違いなくこの結果は得られなかったでしょう。

以下は大学時代の中川のプレーです:

 

私はその後、バスケットの本場アメリカに挑戦することとなります。

060517033250ドリブル下手だった一人の少年が
本場アメリカでプロバスケット選手となり、
日本人史上初のABAオールスターに選ばれ、
日米13年のプロキャリアを歩む

に至ったすべての秘密は・・・

ほかでもなくドリブルです。
高2からでも間に合いました。

まさに私の人生を変えてくれたドリブルスキル。

そして今・・・!
指導者となり、私の教え子の未来も変えることが出来ています。

以下は私がHCを務めている岡山環太平洋大学(IPU)の女子バスケット部員の最新ドリブルハイライトです。

あなたはこの動画を見てどう思いますか?

女子プレーヤーがここまでドリブルが突けるようになるんです。

え、何だか凄い、と思ったあなた、

彼女たちはもともと

「高校までほぼドリブルをしたことがない」
「1on1を仕掛けたいけど自分には無理・・」
「ミスが怖いからとりあえずパス><」

そんな選手たちでした。

ですが、見てください・・!
彼女たちのビックリするほどの成長と躍動する姿を!

試合の大事な局面は、
全てドリブルアタックからの1on1で打開しています。

鍛えた個人技でペイントを攻め込み、
DFFラインを1on1で切り割き、
自分の力でチームを勝利に導いています。

・・・ちなみにこの子は、

2021年インカレ予選でMVPを受賞した
スタメンPG(3年)なのですが、、、

彼女は岡山県内ベスト4の県立高校出身で、
入学当時はSGで、
本当にどこにでもいる普通の選手でした。

…しかし、
今ではこれだけ別人の選手になりました!

私は常々言っています。
最後は個の力、1対1だと。

ドリブルは手段ではありません。
ゲームを決める決定打です。

プレーヤーにとって、
己の力を誇示する証(あかし)であり、
私にとっては、バスケット人生を形作ってくれた
”命”そのものです。

そんな命を届けるつもりで
今回、渾身のドリブルワーク強化法を
一から順を追って、心を込めてお伝えしたいと思います。

あなたのバスケット人生に”命”を吹き込みます。

私が味わった感動と、夢のような体験を
ぜひ掴んで欲しいと思います。

 

自分なんかで出来るのか?
ここまで読まれて、あなたはそう思ったかもしれませんね。
ですが、ご安心ください!

僕自身も高2からのチャレンジで出来ましたし、

僕の教え子も、はじめは全く上手く出来なかった子たちが、
毎日コツコツ実践したことで、見違えるほど、加速成長しました!

何歳であろうと、女子であろうと、小学生であろうと、今あなたがどんな状態でも・・

誰でも必ず上達できる!
再現性100%の練習ノウハウです。

当教材では、あなたのドリブルスキルが
確実に向上する革新的ドリルをご紹介します。

もう一度言いますが、あなたを確実に上手くします!

本場アメリカにチャレンジし、
日米通算13年のプロキャリアの中で、
学び、探求し、高め続けた、

渾身のドリブル強化ノウハウを
あなたにお伝えさせていただきます。

磨いたスキルで、1対1、スコア、プレータイムをGETしてください。

誰でも確実にドリブルが上手くなれる!
完璧な形に体系化した渾身のノウハウを、
動画レッスンのかたちで余すことなくお贈りさせていただきます!

僕が味わった衝撃と感動と夢のような体験を、
あなたにもぜひ味わってもらえたらと思います。

kazupa

それでは・・!
私が日米通算13年のプロキャリアおよびプロコーチの活動を通じて、体験し、学び、実践し、深めてきた「実戦ドリブル強化法」を初公開させて頂きます。

あなたのこのような問題を解決します!

☑️ドリブルが手につかない
☑️自信を持ってボールハンドルできない
☑️DEFのプレッシャーに負けてしまう
☑️NBA選手やプロが行う練習方法を教えてほしい
☑️味方に頼られるキープ力を身に付けたい
☑️時間と場所に縛られないドリルを知りたい


もし、あなたが昔の僕のように
「ドリブルの苦手を克服し、試合で活躍したい!」

そう思うのであれば、絶対にこのスキルDVDを手にしてください!

この教材のなかでは、以下を徹底解説させて頂きます。
ドリブルを成すのは、動きから!
冒頭から、全てのドリブルムーブに直結する超重要なMobility(可動性)ドリルをご紹介します。
私が本場アメリカや筑波大の研究機関でも学んだ、超重要なボディワークおよび考え方です。
ドリブル、1on1ムーブ、クロスオーバー、STOP動作、ケガ予防あらゆる動きに繋がるベースとなる動きを理解し、スキル強化につなげてください!
 ここではムーブの蹴り足、初速、クロスーバーの幅、ドライブの低さ、鋭さなど、脚力を徹底強化していきます!
ドリブル1on1は、初速での筋爆発が必要不可欠!

同じ1on1を仕掛けても、しなやかで伸びのある選手には、ある違いがあります。
ドリブルのパフォーマンスに直結する秘密のドリルをこの度、7種類の形で詳しく解説させていただきます。
これを前段にやっておくことで、実戦のリアルに対応できます。むちゃくちゃ効きます!

この章は必見です!
日米のプロキャリア、プロコーチとしての学び、選りすぐりのドリル15種類を詰め込みました。
あなたのドリブルが必ず上手くなることを保証します!
実際、私が関わっている環太平洋大学の選手は、このドリルを毎日の習慣にしたことで、ドリブル突破力が強化され
初の全勝優勝でインカレ出場を決めました。

効果実証済みの渾身のドリルをご紹介します!
効果は私が保証します!楽しみにしていてください。

ドライブのキレはハンドラーの勲章です。
初速の沈み込み、爆発力、対人のダーティオフハンドテクニック、これらを徹底強化していきます。

NBA選手も実践するドリルにぜひトライされてみてください!

これが出来れば、あなたもコートを支配するハンドラーになれます。

ボールを絶対に奪わせない!
そのための必須のドリルをご紹介します。

ドリブルを取られてしまう・・
試合でいつもボールをこぼしてしまう・・
そんなあなたは絶対にこの章のドリルを実践してください。
コート上の司令塔であり、プレーメイカーだった私が、最も自負とこだわりを持って届けたいのがこの章です。
活きた実戦キープ力をぜひこのドリルでマスターして下さい!

NBAのスキルコーチが実践する”SimonSays”ドリルなど、驚くほどに視野が広がるお勧めドリルをご紹介します。
コートの中の9人すべてが見えるようになり、劇的にプレーの幅、影響力が上がります!
TOPプレーヤーになれるかどうかの一番の違いは「視野」だと思っています。
視野とはつまり判断する力です。
ドリブルをしながらコート全体を捉え、試合を支配するコントロール力をこの章で身に付けてください!


最も力を込めて届けたい!
日本のバスケット界に絶対に浸透させたい!

私が全プレーヤーに必要不可欠だと考える、渾身のドリルをご紹介します。
本当に、日本の全プレーヤーに知って欲しいです。

うちの選手も実践し、ダンスを踊るかのような滑らかでキレのあるドリブルが突けるようになりました。
日本人が誰もやっていない、唯一無二のドリブルドリルを、この練習の恩恵を誰よりも受けたわたくし中川が実演してお見せします!

この章ではドリブル総合力を徹底的に鍛えます!
「ドリブルが突ける」から「ドリブルで支配できる!」
のレベルを目指します。
私がアメリカでNBAに挑戦していたとき、これを一人で8時間以上やったこともあります。

日本ではまだ浸透していないと思いますが、コートを俯瞰し、プレーメイクする力がグングン身に付きます。
絶対にやることをお勧めします!
あなたのドリブルにまつわる問題は、これで全てなくなるでしょう。
プロの基準値で全力でお届けします。



さらに上のレベルを目指すあなたへ。
全国強豪校やプロ選手も行う、ドリブルステップを高める高負荷ドリルをご紹介します!

上手いだけじゃなく、強く!
このドリルでNextレベルを目指してください!



スクリーンショット 2017-09-26 15.10.44ドリブルで悩み苦しんだ私は、誰よりもあなたのハンドリングの悩み・痛みが分かります。
ここでは、私がクリニック等でよくご相談いただくお悩み、

・強いドリブルが突けるようになるには?
・子供に難しいドリブルは早いでしょうか?
・DFFにボールを取られないためには
・ボール運びで気を付けていること

などなど、実戦で躓くリアルな問題の解決策を具体的なドリルと併せてお答えします。
これでドリブルのモヤモヤをきれいに解消しましょう!

 

そして・・・!

今回、バスケットに不可欠なドリブルスキルを強化するために、以下5個の無料特典もご用意させて頂きました!!

DFFにボールを取られてしまう・・
なぜ自分だけプレッシャーを受けるのか?
そんなあなたが今すぐ知るべき、原因と解決策をこの動画でお伝えします!
これを見てすぐに実践し、改善に繋げてください!


練習の質も高まり、スキルも上がる!
すごくお勧めの練習アイデアをご紹介します!
うちもこの練習で、限られた時間、限られたスペースで練習の成果を最大化しました。
練習の回転率も高く、重宝します!

NBAのスキルワークアウトを見学に行った日も、必ずこのドリルをやっていました。
うちのチーム環太平洋大学もこのドリルを毎日の習慣とし、実戦スキルのベースが確実に向上しました。
ぜひあなたも取り組まれてみてください!

怪我をしてしまい、バスケが出来ない・・・
私もそんな時期がありました。
ただ、そこで下を向き、立ち止まるのではなく、目線を上げ、いま何が出来るかに全力集中しましょう!
怪我をしたときはむしろスキルアップのチャンスです!
中川の実体験から怪我をしたときでも前を向き、上達できるお勧めドリル5つをご紹介します。


ドリブル上級者になるためのポイントを全てこの中に詰め込みました!
折に触れて何度も見返してください。
これを見ながら練習や試合に臨むのとでは、大きな違いが生まれるでしょう。
ぜひチェックシートを見返しながら、あなたのドリブルスキルを高めていってください。

以上、これら5個の特典(動画+PDF)を無料でお渡しさせて頂きます!

●ドリブル突破力が向上します
●相手チームのDEFプレッシャーに負けず自信を持ってドリブルキープできるようになります
●全身の可動性と安定性が高まりドリブルパフォーマンスが一気に向上します
●体の使い方が改善されドリブルムーヴが劇的に良くなります
●脚力のあるDEFをドリブル1on1で振り切れるようになります

●海外で学んだ最先端のドリブル強化ノウハウを知ることができます
●ピックアンドロールが上手くなりオフェンスでのバリエーションが増やせます
●リーチのある選手に対してもスティールされず自信を持ってドリブルできるようになります
●PGに必要なドリブル耐性と広いビジョンを持ってプレーすることができるようになります
●筑波大学大学院で学んだ最先端のコーチング論を知ることができます

●手に吸い付くドリブルが身につき試合で恐れずアタックできるようになります
●力強いドリブルコンタクトでファールアンド1が多く得られるようになります
●高ビートなドリブルクイックネスを養え、DEFを翻弄することができるようになります
●ドリブルが強く突けるようになります
●プロが行う超実戦対人ドリブル駆け引きや裏技を知ることができます
●試合でバテないドリブル持久力がつきます
●確実にチーム全体のドリブルスキルレベルを高めることができます

”ドリブルの先駆者!スキルとハートが海外で評価された数少ない選手だと思います!”

Bリーグ トライフープ岡山GM兼HC 比留木謙司(Kenji Hilke)

カズ君は、アメリカで一緒にワークアウトしたり日本のプロで対戦したり、会えばいつもお兄ちゃんのようで、時にはふざけ、時には超本気で話をし、いつも刺激を与えてくれました。
自分が中3の時からの付き合いですが、コートの上に立つと常に冷静でコートを支配して、本当に尊敬していました。
俺は”日本一ドリブルが上手かった”のはカズ君だと思っています。日本人でありながら本場のアメリカ人をも翻弄したり、独立リーグでオールスターに選ばれたり、ドリブルとハートが海外でも評価された数少ない選手だと思います。
ここ数年、日本バスケットの競技力の高まりや盛り上がりを誰もが感じていると思いますが、決してリップサービスではなく、俺は日本人にはないハングリーさだとか、全力を出し切るマインド、選手としてのAttitude(姿勢)をアメリカ基準に引き上げてくれたのはカズ君だと思っています。
今回の教材から、日本人の先駆者として、本場アメリカで単身勝負して体得した対人ドリブル駆け引き、最新フィジカル強化法、メンタリティのすべてをあなたも是非GETされてください。

“海外にチャレンジした大先輩!本当に多くの影響を受けました”

NCAAディビジョン1ネブラスカ大学 富永啓生

元日本代表選手(JBL三菱電機)の父の影響で、幼少期から三菱の練習や試合会場によく遊びに行っていました。自分が8歳の時にKAZさんが三菱に移籍してきたことがきっかけで交流が始まり、いつも声をかけてもらったり何度も練習や試合を観させてもらったりしました。KAZさんは坊主頭に髭、ヘッドバンドという風貌で他の選手より超個性的で、「やっぱりアメリカ経験のある人は違うな。」と子供ながらに思っていました。
KAZさんが三菱に在籍された4シーズンで、親子で様々な交流させていただきましたが、今でもオフシーズンにzoomや国際電話で話をしたりしています。
自分もかつてのKAZさんのようにNBA選手を目指して、いよいよNCAAのディビジョン1でのチャレンジがスタートしました。だからこそ、KAZさんが現役時代にサイズもスケールも別次元の本場アメリカ人選手を相手にも負けずにバリバリ活躍していたことの凄さが理解できます。今回、KAZさんがアメリカ挑戦で培った究極のノウハウをまとめたドリブルスキル教材が公開されましたが、アメリカ人に負けないドリブルを身につけたい選手は間違いなく必見だと思います!

”日米のキャリアを持つカズさんのドリブルコーチングの基準に触れてください!”

東京羽田ヴィッキーズ(東京医療保健大学インカレ優勝MVP)津村ゆり子


私は現在、SGとしてWリーグでプレーしておりますが、昨年のシーズン中に『岡山に日本一のドリブルスキルコーチがいる』というお話を聞き、さらにプレーの幅を広げたく、KAZさんにIPUで直接ワークアウトしていただきました。

そのワークアウトでは、DFFとのギャップの作り方や一瞬で相手を出し抜くドリブル対人スキルなど、これまで経験したことがないほど衝撃的なドリブルノウハウを教えていただき、ドリブルワークやハンドリング、1on1のスキルがかなり身に付きました。

その後もKAZさんから教わったドリルのポイントを抑え実践し続け、これまでよりもコート上で自信を持ってプレーでき、クリエイトできる場面や得点バリエーションが増えました!

今回ドリブルワークアウトの教材をリリースされましたが、一度直に教わった私から言わせていただくと「絶対に見なきゃ損!!」っていうくらい、本場仕込みのKAZさんのドリブルコーチングは凄いです。

あなたもぜひこの機会に日米13年のキャリアを持つ、コーチとして国内最先端を走るKAZさんに触れてみてください!

”専修大で語り継がれるレジェンド!お陰でめちゃくちゃ上手くなれました!”

専修大学男子バスケットボール部 キング海

僕は偉大なOBであるKAZさんに憧れて専修大に入学しました。
だから、KAZさんと初めて専修大の体育館でマッチアップさせていただいた時は本当に興奮したのを今でも覚えています。現役を引退して数年が経っていたのにドリブルハンドルや1on1の対人駆け引きがめちゃくちゃ上手くて衝撃を受けました。
あの時、work outもして教わったことは今も欠かさず練習しています。
特にKAZさん自身がアメリカで実践されていたPGとしての強化ドリルは効果抜群で、ドリブルからの1on1や、ボディフェイクでの駆け引き、DFFが守れないビートを手に入れることができました。
KAZさんのおかげで、大学で選手としてかなり成長を感じられているので本当に感謝しています。KAZさんたちの代以来成し遂げられていない日本一を目指し全力で頑張ります!

”カズさんがいなければ間違いなく今の自分は存在しません!”

Bリーグ 西宮ストークス 渡邊翔太

KAZさんとはBリーグ初年度にチームメイトとして一緒にプレーさせていただきました。
ルーキーだった僕は、練習後はいつもKAZさんにワークアウトをお願いして、PGに必要なドリブルスキルをマンツーマンで徹底的に指導していただきました。私は現在もBリーグでプレーしていますが、「KAZさんがいなければ間違いなく今の渡邊翔太は存在しない」と言い切れるほど、PGとして成長させていただきました。本当に熱く優しく漢気のある最高な先輩で、選手としても人としても僕の憧れであり、目標とする存在です!

海外選手の枠も増えレベルアップが進むBリーグでは、外国籍PGにも負けないドリブル力が求められていますが、KAZさんから今も学び続けているドリブルスキル・キープ力・インテンシティ・メンタリティ、その全てで勝負し、プレイヤーとしてさらに高みを目指します!
日米で13年間という信じられないプロキャリアは、同じプロ選手として本当に凄いことだと思うし、その確たるドリブルスキルの練習方法を日本全国の皆さんに、ここまでオープンに公開されているのはKAZさんだけだと思います。
皆さんもこの機会にKAZさんのアメリカ直伝の”超実戦ドリブルワークアウト”をご覧になって本場のドリブルスキルを身につけてください!!
僕もこれからもずっと尊敬する偉大なKAZさんの背中を追い続けます!

”『ショーバスケ』と言えば、KAZさん。バスケの楽しさを全力で学べます”

群馬クレインサンダーズ スクールコーチ兼ユーススキルコーチ 丹羽裕美

KAZさんとは、お互いが現役プロ選手時代に出会い、指導者となった今もコート内外で様々な交流をさせていただき、スキル指導や育成強化の話などでコーチングの相談にも乗ってもらっています。
KAZさんが専修大学時代の『ショーバスケ』と言えば、やはり中川兄弟でしたよね。

圧倒的なドリブルスキルで観客を魅了する姿に超憧れましたし、プレイヤーとして本当に沢山の刺激を受けました。
引退後にIPUの監督となり、私も実際の練習にお邪魔させていただきましたが、とにかく「凄い!」の一言。
本当に勉強になりましたし、そこやこの教材で学んだ超実戦ドリブルスキルなどを早速アカデミーのレッスンで取り入れています。
KAZさんいつも本当にありがとうございます。今後ともご指導のほどよろしくお願いします。

”日本人で最も信頼できるPGであり、プレーメイカー!”

Ričmonds Vilde(リッチモンド・ビルデ)ラトビア共和国 プロバスケットボール選手

Kaz was my teammate in my first year in Japan in Tokyo Z. When I first play together with Kaz, I thought to myself: “wow, this Japanese PG can really handle the ball and read the court like a pro”. Kaz is probably one of the most knowledgeable and best point guards I have played together with. He sees 2-3 steps ahead of you in the court, especially coming out of those dribble works. Kaz is very, very dedicated to basketball – I saw that when I was playing together with him. Unbelievable work ethic. I think KAZ will definitely be the best basketball coach in Japan in the future. Please mark my words. It’s only a matter of time until he becomes the head coach of Japan!

日本に初来日した時、Bリーグ東京ZでKazとチームメイトになりました。Kazと初めて一緒にプレーした日に、「凄い!この日本のPGは凄まじいボールハンドルの持ち主で、コート内を把握し先をreadする能力もトッププロレベルだ」と思いました。 Kazは私が世界中で一緒にプレーした選手の中で、おそらく最も知識が豊富で最高のPGの1人です。 常にコート上の2手3手先が見えており、特にドリブルワークからのクリエイトが素晴らしかったです。Kazはとにかく熱心にバスケットボールに打ち込み、実際にその姿を何度も目撃しました。 誰も真似できないほどの努力家です。私はKazが将来日本で一番のコーチになると確信しています!彼が日本代表のヘッドコーチになるまで、私のこの言葉を忘れないでください。それは時間の問題です。

”まるでダンスを踊っているよう!KAZのドリブルは日本人離れしてるんだ”

bjリーグダンク王 ラシード・スパークス(Rasheed Sparks)

Back when I was playing in the ABA in NY, I played against Kaz. I heard people saying, “there is a really great Japanese PG coming to the Harlem Strong Dogs!” We played the same position and went at each other handling the ball and made each other better. I feel like he will be my rival forever haha. We were also teammates during my time with Takamatsu Fivearrows in the bj league. His ball handle is different than others for sure. My physical ability is 10x more than his but he has a unique and rare rhythm and feel that is kind of like dancing and I hardly see that in Japanese players. If you play defense against him, you can see how all of fakes and movements feel real. That’s why it’s hard to defend him. To be honest, I wouldn’t want to match up against him. I think it is the “phantom dribble work” that he creates. People will be able to see this in the DVD. By watching the DVD and practicing everyday, the defense will be saying, “are you kidding me?” That is the kind of handle that you will learn if you get this DVD.

KazとはNYでお互いABAでプレーしていた頃に対戦相手として戦ってからです。「Harlem Storong Dogsに凄い日本人PGが入ってきたぞ!」と、その活躍ぶりは現地で話題になったほどです。お互い同じPGで、武器もドリブルアタックと見事に重なっていたので、毎試合プライドのぶつかり合いでしのぎを削ってきました。未だにお互いが永遠のライバルと思っているほどの関係です(笑)bjリーグの高松ファイブアローズ時代には縁あって再会しチームメイトにもなりました。そんな僕だからこそ言えますが、Kazのドリブルは普通の日本人とは違います!正直身体能力は僕の方がKazより10倍は高いですが、日本人には珍しいリズム、緩急、まるでダンスを踊っているかのような力みのないしなやかな動き。Kazとマッチアップしてみると分かるのですが、全ての動きがRealに見えてしまうぐらい守りづらい。Kazをマッチアップすることはいつも大変でした。
それを支えているのが彼が生み出す、「魔法のドリブルワーク」だと思います。
今回、満を持してその全てが明らかになるみたいです!このDVD教材を見て毎日練習することであなたもディフェンスに思わず「Are you kidding me?」と思わせるようなドリブルスキルを手に入れることができるでしょう。

“海外で挑戦してきた強烈なエナジーを吸収できる唯一無二のドリブル教材!”

Los Angeles Loop CEO 2013Drewリーグコーチオブザイヤー RYOSUKE NOZAWA

同級生で誕生日も同じ6月6日のKAZとはLAで知り合い、試合の度に意識したライバルです!
僕はアメリカ時代のKAZのプレーを現地で見た数少ない人間の1人ですが、身体能力ではアメリカの選手に劣る日本人選手のKAZがあのコートで大きな存在感を出している姿にいつも刺激をもらっていました。
KAZは日本人でありながら本場アメリカ人のようなドリブルスキルを持ち合わせています。向こうで活躍し生き残るために最も必要なものはドリブルスキルなのです。
あと、アメリカではNBA選手だろうが中学生だろうが、上手い下手関係なくエナジーやパッションを持っていない選手はリスペクトされません。日本人には珍しいですが、KAZにはそれが先天的に備わっていました。この重要性はコーチをしているLA Loopでも強く感じます。
そんなKAZが今回リリースした教材の中で、日本ではまだ多くの選手や指導者が知らない、そして誰もが欲する世界レベルのドリブルスキルを大公開しています。あなたもこの機会にぜひ本場アメリカのリアルをご覧ください。

“バスケットで道を拓いた熱い闘志とバイタリティに触れてください


元日本代表 バスケットボール解説者・リポーター 中川 聴乃

カズさんとは、私がWリーグでプレーしていた頃から仲良くさせていただいています。当時のカズさんはもうベテラン選手の年齢でしたが、とにかくパッションやバイタリティが物凄かったですね。本当にバスケが大好きで「永遠のバスケ小僧」って感じでした(笑)
プロコーチになられた今もあの時以上に熱さが増していて、いつも色々な活動や発信を見ながら本当に凄いなって思っています。
私は解説者・リポーターという職業柄、沢山の指導者やバスケット関係者にお会いするのですが、“中川つながり”もあってか(笑)色々なところでカズさんの話を聞くくらいです。
この教材では、選手としても指導者としても素晴らしいカズさんがプロのドリブルスキルや海外で培った経験、大学院と現場で学び磨いた最新コーチングをもとに、メンターとして“熱く、丁寧に、徹底的に”サポートしてくれます。
「本気でバスケが上手くなりたい人」には絶対にオススメです!

“俺らの代のスーパースターが語る”REAL”は必見の価値あり!”

Red Bull King Of The Rock2013日本王者UNDERDOG M21

同級生のKAZとは俺が福岡第一高校と日本体育大学でプレーしていたアマチュア時代に何度も対戦しました。KAZが4年のインカレ直後にプロ選手になって渡米してからはプレーを見る機会はなくなったけど、NBL初年度のオールスターの3×3で再会し久しぶりに試合を見たときは「半端ねえ!」の一言でしたね…。SOMECITYや日本を代表するプレイヤー達を、本場アメリカで叩き上げたドリブルワークで翻弄して、KAZひとりの力でチームを優勝まで導いた。今回あのとき俺の目に焼きついたドリブルの全貌をついに明かしてくれるみたいです。こりゃもうマストチェックでしょ!「さすが俺らの代のスーパースター!」って自分が勝手に誇らしくなっちゃったもんねw
今回はKAZがアメリカの“REAL”で命がけで培ったドリブルハンドリングの極意を教えてくれるらしいけど、こりゃマジで見るしかないでしょ!

”KAZのバイタリティ溢れる人間性と勤勉性・行動力は多くのコーチが見習うべき!”


NBA Cleveland Cavaliers AC アントニオ・ラング Antonio Lang

In 2009, when I heard a rumor that there was a great Japanese PG in America, I immediately checked his game. In just a few minutes, I found that he wasn’t the Japanese type of PG he had ever seen in American basketball. He had NBA level dribbling skills, fighting spirit 1on1, highly accurate pick and roll, and above all , physical and mental toughness. We offered without hesitation, and Kaz often saved the team during the four seasons we fought together, and I had countless memories. As a coach, he still interacts frequently and Kaz was studying hard, taking part in the practice of Utah Jazz, Summer League and Cleveland Cavaliers. The humanity, diligence, and action ability that I felt during the player’s era have increased even further as a coach. I believe that the skill DVD he’s setting up will change Japanese Basketball. I pray for the success of my favorite Japanese friend.

2009年に、「アメリカに凄い日本人PGがいる」という噂を聞き、すぐに彼の試合を探しチェックしました。そのたった数分間で、彼がこれまでの日本人のPGタイプではなく、アメリカンスタイルのgamaを理解したプレイヤーであることがわかりました。NBAレベルのドリブルスキル、闘争心溢れる1on1、高精度なピック&ロール、そして、何よりフィジカル・メンタル面でのタフネスを併せ持っていました。迷うことなくオファーし、三菱で共に闘った4シーズンでKazに何度もチームを救ってもらい、数え切れないほどの思い出も出来ました。プロのコーチになった現在もKazはUtah JazzやNBAサマーリーグ、Cleveland Cavaliersの練習場など国内外を頻繁に行き来し熱心にコーチングを学び続けています。プレイヤー時代に感じたバイタリティ溢れる人間性と勤勉性、行動力は指導者になってさらに増しています。この度リリースしたドリブルワークアウト教材が日本のバスケットボールを変えることを私は確信しています。私が最も大好きな日本人の友人のさらなる活躍を祈っています。

”新たな時代に求められる最先端のスキルがここに詰まっています!”

プロスキルコーチ 仲西“J-walk”淳

KAZがNBA選手を目指してアメリカで武者修行していた時にLAで知り合い意気投合し、bjリーグ時代は本気のバトルを繰り広げた同い年の永遠のライバルです!
今でもお互いをリスペクトし認め合う仲ですが、スピードやジャンプなど身体能力に関しては絶対にKAZに負けないと自負しています。しかし、彼には僕が持ってないスキルが沢山あって、特にその中でも相手に取られないドリブルワークとハイレベルでトリッキーなハンドルスキルは本場のアメリカ人くらい上手い!と対戦するたびに感じていました。
ドリブルワークに関しては現在NBAでもポジションレスが推奨され、全てのポジションの選手が試合で披露するようになってきました。現代バスケにおいて選手として高みを目指すには、このドリブルワークは絶対に必要不可欠です。この教材の制作段階からKAZに話を聞いていましたが、全てのポジションの選手がPGのようなドリブルスキルを持って試合で活躍するために最も強化すべき内容が完全網羅されていると思いました!
誰もが知らない、そして誰もが喉から手が出るほど欲しがる至高のノウハウを、ぜひこの機会にご覧いただければと思います。

”点を獲れるPGの元祖!KAZの感性に思いきり触れてください!”

NBA解説者 専修大学女子バスケットボール部スキルコーチ 中原雄

カズを初めて見たのは彼が高2のウィンターカップの時です。
兄弟で行っていたウォーミングアップを一目見ただけで、その日本人離れしたドリブルテクニックに気づきましたし、試合でDFFを見事に欺く華麗な1on1の虜になりました。
兄弟ともに専修大学へ進学してくれ、4年間で母校初の主要4大タイトル制覇に貢献してくれました。
ドリブルや1on1に関しては、もはや大学界にカズの敵はおらず、私は常に彼にはアメリカを意識させ「点を獲れるPG」にトライするよう導きました。そして、大学4年次に卒業を待たずしてNBAを目指してアメリカの独立リーグに渡り、ABAでは日本人史上唯一のオールスター選手にもなり、カズがあの当時の若い世代へ与えた影響は計り知れないでしょう。
カズのアメリカでの成功できた源は、その高いドルブルスキルがあってこそだと思っています。
カズもついに引退し私と同じくプロコーチとなりましたが、本人にいつも伝えているように彼の“感性”を是非これからの若きプレイヤーに伝え続けてほしいと思います。
今回のドリブル教材はそんなカズ自身がプロキャリアで培ったドリブルの極意と、カズの1番の魅力であると言っていい「感性」の部分を是非チェックしてほしいです。
恩師として自信を持って推薦いたします!

あなたにも是非!一生使える即効性の高い、超実戦ドリブルノウハウを手に入れて頂けたらと思います。
【本編2時間35分 + 特典40分の合計3時間15分!】
%e3%81%8a%e5%a5%bd%e3%81%8d%e3%81%aa

※万一、ご注文後にメールが届かない場合は、LINEID:@kaznakagawaにコンタクトください。

Q:分割払いは可能ですか?

はい!2分割、3分割、4分割、5分割までご用意させて頂きました。
以下よりお手続きをお願い致します。
★クレジット購入サイト
http://kaz-nakagawa.com/vol8-credit

Q:動画レッスンは何分でしょうか?

2時間35分の動画レッスンとなっています。これにプラス合計40分の特典動画も併せまして、全部で3時間15分の内容となっております。日米13年のプロキャリアと、プロコーチとしての実績をもとにつくったかなり濃密な内容となっています!

Q:小学生でも参考になりますか?

はい!全てのプレーヤー、コーチに早いうちから知って欲しいノウハウであり、メニューとなっています。
今回お伝えするドリブル強化法、ぜひ早いうちに実践されてください。

Q:女の子でも参考になりますか?

はい!男女問わず、全てのプレーヤーに通ずる内容となっています。
実際、私が見ている環太平洋大学女子バスケット部の選手も実践し、全勝でインカレ出場を決めるなど、確実に成果が出ているノウハウです。
練習すれば必ずドリブルスキルは向上します!ぜひ動画でお伝えしているメニューをご活用ください。

Q:お兄さんの考えるバスケットの会の「動画レッスン」とは違うものですか?

内容は全く違うものです。
全てがバージョンアップしていると思ってください!
基礎から実践・応用まで、日本とアメリカのプロの世界で磨いた、最先端のドリブルノウハウが当教材となります。
兄にも見せましたが、「全てのプレーヤーが早いうちから見るべき!」と大絶賛していました。実際に我々が練習している風景を収めています。アメリカで培った本場仕込みのドリルも余すことなくをお伝えしていますので、是非期待してください!

Q:ダウンロード版はスマフォやiPadなどにダウンロード可能ですが?

可能です!ご自身のスマフォやiPadにダウンロードし、保存されてください。もし手順がご不明な場合は、遠慮なくご質問下さい。^^

Q:DVD版とダウンロード版の違いは何ですか?

DVD版は各章ごとにチャプター分けされているため、見たい部分から再生できます。そういう点でDVD版のほうが見やすい!というお言葉をたくさんの方から頂いております。

Q:ポジション関係なく参考になりますか?

はい!ポジションに関係なく、かなり参考になると思います。
昨今、ポジションレスが進み、ガード、フォワード、インサイド全てのプレーヤーがハンドリングスキルを身に付ける必要が出てきています。実戦につながる本編のドリルや、考え方や発想を取り入れ、強化することで、実戦スキルも上がり、個人・チームでかなりの成長に繋がると思います。

 

今回、
『ドリブルワークアウト編』を出すに当たって、あなたに一番届けたいのは、

自分を信じて、努力を続けることの大切さ・可能性です。

僕自身、本当に高2まで上手くドリブルが突けませんでした。

始めは、こんなこと出来るのかなぁ、
と思われるかもしれませんが、
僕の経験から必ず出来るようになることをお約束します。

大切なのは、
まずやること(Just Do It!)。
逃げずに自分の課題に向き合い続けることです。

あなたは今日よりも明日!
というかたちで必ず上手くなれます!

ぜひ育成カテゴリなど、
早い段階から目標を高く持ってドリブルスキルにトライして欲しいと思います。

57年ぶりの東京五輪が終わりました。
まだまだ世界に挑むには、個人スキルの向上が必要不可欠だと思います。

個人スキルのスタンダードを高め、文化や習慣を作ることが、日本のバスケ界を底上げすると確信しています。

ぜひ育成カテゴリからコツコツ一緒にチャレンジしていきましょう!

13年間のプロキャリアを終え、いま

プレーをする側から
プレーを支援する側へ。

立場はガラリと変わりましたが、
僕のバスケットへのパッションは何も変わっていません。

「バスケットが上手くなりたい!」
「高みを目指したい!」
「もっと強くなりたい!」

かつての自分のような
熱い想いを持つあなたの
一番の理解者・応援者でいたいと思っています。

これまで育ててもらったバスケットと
お世話になった皆さまに、
もっと恩返し&恩送りがしたい。

自分のバスケット人生を通じて得られた
生身の経験とスキルや知識を
エピソードやストーリー交えて、
これからの世代に余すことなく全力で伝えていきます。

日本のバスケットを盛り上げたい!
日本のバスケットを強くしたい!

コートを離れた指導者となった今も
僕の気持ちは変わりません。

バスケット界の坂本龍馬になる!

これからもご縁を大事にし、
その出会いから多くを学び吸収し、
人と人とを繋げ、
日本のバスケットにもっともっと貢献していきます。

今回の教材もその歩みの一つです!
あなたとも是非一緒にチャレンジしていけたら嬉しいです。

何かあったら、いつでも相談してくださいね。

それでは動画レッスンのなかでお会いしましょう!
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

(本編2時間35分 + 特典40分の合計3時間15分!)

%e3%81%8a%e5%a5%bd%e3%81%8d%e3%81%aa

※万一、ご注文後にメールが届かない場合は、LINEID:@kaznakagawaにコンタクトください。

中川和之監修のスキルアップDVDについて、他の関連教材もご紹介させて頂きます!
プロバスケットボーラー中川和之が、日米通算13年のプロキャリアのなかで培ったオススメのスキルアップ教材です。
プレーヤーや、指導者、お子さまを応援される保護者さまから大変好評を頂いております。

第7弾:フィジカル強化編

第4弾:超実戦ディフェンス編

第2弾:ピック&ロール編

chumon

プロフィール:中川和之

経歴
1982年6月6日山口県下関市にて双子の弟として生を授かる。
小学校4年時より本格的にバスケットを開始。
小学校下関市立小月小学校にて
県大会2位、中国大会優勝、中学校下関市立東部中学校にて
全国大会準優勝
高校山口県立豊浦高校にてインターハイベスト16、国体ベスト8、冬の選抜ベスト16
大学専修大学にて
大学日本一、学生の主要4大タイトルを制覇

主な個人成績
ジュニアオールスター優秀選手賞
全中優秀選手賞
インターハイ得点王(個人総得点)

関東大学新人戦MVP
関東大学選手権MVP
京王電鉄杯10大学フェスティバルMVP
関東大学リーグ戦優秀選手賞
インカレ敢闘賞・優秀選手賞
日本男子学生選抜大会敢闘賞
日韓学生競技大会日本代表
ユニバーシアード日本代表
ジョーンズカップ日本代表

ABA Harlem Strong Dogs 入団
ABAオールスターに選出(日本人史上唯一)
USBL Brooklyn Kings 入団 準優勝
bj-league高松ファイブアローズ 準優勝
bj-league ライジング福岡 ファイナル4
JBL 三菱電機時代オールスター選出
NBLつくばロボッツオールスター選出
Bリーグアースフレンズ東京Zで現役引退

2004年、専修大学4年時にコーチの勧めでアメリカLAにて独立リーグABA Long Beach Jamのトライアウトを受ける。そこで、HCであったNBAレジェンドのネイト “Tiny” アーチボルドに実力を認められ、トライアウト終了時に直接契約書を渡される。日本のバスケットボール史上初となる在学中のプロ選手としてキャリアをスタートさせることとなる。

2005年、1年間の武者修行を経て再び渡米。NYのABA Harlem Strong Dogsでゼロから挑戦し直し、スタメンPGの座を勝ち取る。また、シーズン中の活躍が評価され、日本人で史上唯一となるABAオールスター選手に選出される。

2007年、bjリーグ 高松ファイブアローズに入団しファイナル進出に貢献。その後、アメリカUSBL Brooklyn Kingsに入団し、ポイントガードとしてスターターで活躍。

2008年ドラフト1位でbjリーグ ライジング福岡に入団、リーグ終了後渡米。
NBA傘下のNBDLに挑戦し、各チームのコーチ陣から絶大な評価を受ける。

2009年、NBA挑戦を断念して帰国。JBL 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ(2009-2013)、NBL つくばロボッツ(2013-2016)を経て、2017年現在、B.LEAGUE アースフレンズ東京Zにて活躍中。

2016年9月、苦難を乗り越えてようやく誕生したB.LEAGUE開幕をきっかけに「9歳から自分を育ててくれたバスケットボールに恩返しがしたい」という想いを強く抱くようになる。「引退後は当然だが、影響力のある現役中だからこそ実現できる社会貢献をしたい」と考え、全国各地でクリニックや個人レッスン、筑波大学大学院で学んだコーチング論についての講演活動など様々な活動を行っている。

2004年12月 ~ 2005年2月 ABAロングビーチジャム

2005年5月 ~ ウィリアムジョーンズカップ国際大会 ※日本代表
ユニバーシアード競技大会 ※日本代表

2005年12月 ~ 2006年3月 ABAハーレムストロングドッグス
※日本人史上唯一となるABAオールスター選出

2006年 6月 ~ 2006年8月 USBLブルックリンキングス

2007年 1月 ~ 2007年5月 bj高松ファイブアローズ

2007年 6月 ~ 2007年8月 USBLブルックリンキングス

2008年 1月 ~ 2008年5月 bjライジング福岡
2009年 1月 ~ 2009年5月 bj高松ファイブアローズ

2009年 8月 ~ 2013年7月 JBL三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ
※2011−2012シーズンJBLオールスター選出

2013年 8月 ~ 2016年6月 NBLつくばロボッツ
※2014−2015シーズンNBLオールスター選出

2016年 8月 ~2018年1月  B.LEAGUEアースフレンズ東京Z

2017年 3月 筑波大学大学院人間総合科学研究科体育学専攻 修士号取得

2018年 2月 現役引退

2018年 3月 IPU・環太平洋大学女子バスケットボール部監督就任

2019年 6月 (株)KAZバスケットアカデミー設立

※2019年 12月 日本バスケットボール学会優秀論文賞受賞『エリート男子バスケットボールプレイヤーの間欠的ハイパワー発揮能力に関する研究 ―「Yo-Yo テスト」の有効性と目標値の検討― (中川和之・内山治樹)』 (バスケットボール研究 第4号 p. 47)

2020年4月 オンライン実践型バスケットコミュニティ『KAZバスケットクラブ』設立

▶️中川和之2005年からの歴史を初めから読む
    『Kazzmatazz Ballin’』

copyright:KAZ PERFECT SKILL .  All rights reserved