世界基準!1ハンドと2ハンドあなたはどっち??

世界基準!1ハンドと2ハンドあなたはどっち??

こんにちは、中川です。

今日は、
この度IPUで交流合宿をすることになった
フィリピンの強豪大学
University of Santo Tomas(UST)の
朝練に参加してきました!

UST監督のHaydee M. Ong氏は
フィリピン女子バスケ界のレジェンド選手で
フィリピン代表HCも経験(’07-’14)された方ですが、

現役時代の向こうの友人を通じて

「中川監督のコーチング、
日本のシステムについて学びたい」

というありがたい言葉を頂き、
この合宿が実現しました。

今朝の練習を見て
さすがバスケットが国技のフィリピンで
大学3位の実力を持つUST。

選手の個々の能力、
コミュニケーションの質と量、
練習中のインテンシティなど、
相当高いレベルにありました。

コート上で印象的な違いも
いくつもありましたが、

一番特徴的だったのは
USTの全選手が

1ハンドでシュートを
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
打っていたことです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

日本の女子選手の多くは
2ハンドの選手が多いですが
世界の基準値では2ハンドです。

理由はHaydee監督も言っていましたが、

2ハンドはゴールに
体を正対させなければ打てなかったり、

胸あたりからのシュートになるので
リリースポイントが低く
簡単にブロックされるなどがあります。

もちろんアメリカでもこの解釈です。

これは、今年アメリカの
ルイビル大学へ進学した、
今野紀花選手についての以下の記事の中でも
書かれていますね。
https://number.bunshun.jp/articles/-/832584

~~~~~~~~~~~
ジャンプシュートを
ワンハンドで打てることは、
アメリカでプレーする上で
大きなメリットとなる。
~~~~~~~~~~~

 

IPUの選手も
大学からシュートフォームを
変えることはなかなか難しいでしょうが

日本のアンダーカテゴリーの女子選手には、
積極的にワンハンドシュートに
トライして欲しいと思います。

それで、、、

今もこれまでも
プロのキャリアを通じて
世界のバスケットと触れ合い、

プレーヤー生活をしてきた
僕の立場から、

シュートについての
具体的スキルや、
実戦シュート駆け引きについて

以下動画レッスンの中で
徹底解説しています!

その第5弾が
以下動画レッスンとなります↓↓

★中川和之待望のバスケ教材第5弾!★

======================
『KAZ PERFECT SKILL(超実戦シュート編)』

http://kaz-nakagawa.com/vol5-shoot
※日米13年のキャリアで培ったスキル動画
======================

ついに昨夜リリースした
渾身のバスケット教材:
http://kaz-nakagawa.com/vol5-shoot

大変な反響をいただき、
本当にありがとうございます。
http://kaz-nakagawa.com/vol5-shoot

NBAのシューティングコーチ、スコットや

現地で共にワークアウトした
NBA選手から教わった、

本場仕込みの
シュートドリルを細かく徹底解説しています。

ぜひ、あなたの
シュートスキル向上にお役立てください。^^
http://kaz-nakagawa.com/vol5-shoot

それでは、今日もここまお読みいただき、
ありがとうございました!

またメールさせていただきますね。